検討前の予備知識

外壁塗装の必要性

塗装自体には、美観(美しさ)を保つためと建物自体をコーディングして保護するという役割があります。

雨風や雪などの自然現象から、目には見えない紫外線などさまざまなものが建物を傷め、腐食させる原因となります。 それに加え、最近は環境汚染による酸性雨や汚染部室が付着して傷みや汚れを早めています。

塗り替え時期のサイン

一般的には、外壁の塗り替え時期として適しているのは6~10年に1度のサイクルで塗り替えをした方がいいとされています。 (立地の条件などによっても違いがあります)

まず外壁表面のひび割れや、ふくれ、剥がれはもちろん、外壁を触って白い粉がつく(チョーキング)
ようであればそれは外壁の塗膜が劣化している証拠です。またカビや、藻の発生は美観を損なうだけではなく外壁の寿命を縮めます。
チョーキングやひび割れなどがあるからといって、すぐに塗り替えが必要な訳ではありませんが、塗膜の劣化が進行しているのは事実です。それを放置すると塗膜から水分が浸入し、柱等の構造材の劣化につながります。 塗り替え時に劣化部材の交換や余分な下地処理が必要になり、その分の費用がかかってしまいます。
ですから余分な費用がかかる前の塗り替えをおすすめします。

Copyright© MARUSHO All Rights Reserved.